野菜のゆで汁っておいしさをひきたてるのね。

こないだ、テレビで
とんかつとトン汁を作ってたの見た。

とんかつに添えるキャベツは
ざく切りにして
湯通しするのね。
ざく切りにすることで
食感を残したいっていうことなんでしょう。
で、この時
「ゆで汁は捨てないでとっておいてください」
むむ?
さては?

予想通り、
このキャベツのゆで汁をつかって
トン汁を作ったのです。
しかも
お出汁は入れないのです。
薄口しょうゆだけで
味付け。
あとは
一緒に入れた具材のうまみで
十分と。
このトン汁ですが
お味噌も入れない、おすましトン汁なのです。

なんというか
素材の味を十分に生かした
そして
野菜のおいしさと栄養が
すべて汁にとけこんだ
身体によいトン汁ができるのだなあと
とても感心しました。

そもそも、野菜って
ゆでたりすると
ほとんど栄養素が
ゆで汁に流れてしまって
残るのは繊維質くらいだとか。
かといって
茹でずに生でばかり食べるのも
消化悪そうだし
身体冷やしそうだしね。

今度さっそく作ってみたいね。
その時、あまりイモ類は入れてなかったなあ。
イモ類入れると、煮崩れしたら
おすましだと、お汁のにごりが
目立ってしまうしなあ。

入れる具は慎重に選んだ方がよさそうですね。