月別アーカイブ: 2014年11月

車をぶつけられました。止まってたんですけど、何か?

休日、いい天気。
みんなで公園に行こう、ということで
ちょっと遅めになったけれど出発。
途中でお弁当買おうねって話してた時。
交差点で信号待ちしていたら
左後ろから
「めりめり」という音。
え?当たってる?

営業車が隣の右折レーンに入りたくて
無理矢理突っ込んできて、当たってしまった、という。

もうばかばかしいくらいの
衝突事故。
運転は旦那様だったんだけど。
旦那も、後ろ見て気を利かせて
ちょっとだけ前へ行ってあげれば
よかったのかもしれないけれど
停車している車にぶつけているので
100対0で相手側の過失。

警察を呼んで事故証明をとって
連絡先交換して、保険会社に電話して
まあとんでもないお出かけになってしまったよ。

その後、旦那様お怒り。
「事故起こしてきて、詫びの電話一本もよこしてこない。
100対0、電話くらい入れてくるのが常識だろ?」
うわー、怒ってる、怒ってる。
車自体たいしたことなくて、
誰も怪我しなくて、本当によかった…。

キャベツの使い切りにいつも四苦八苦。

こないだ、ママ友さん5組集まって
我が家でホームパーティーしました。

メニューは何にする?ということで
手軽な焼きそばにしてみたよ。
人数分の焼きそば玉買い出しにいってもらって
いざ、調理。

「キャベツ使い切って!」と
一人のママさんが丸ごと持参してくれました。
「キャベツって、安いから丸ごと買うけど
使い切れずに黒くなってダメになってしまうこと多々よ」
うんうん。みんなうんうん。
私もうんうん、一人だけ、
「もう、あまったらすべてくたくたに似てスープにするわ」
それもいいアイディア。

意外にキャベツはカットしなければ一見日持ちしそうだけれど
芯があるから、時間とともにえぐみがでてしまって
苦くなってしまうのね。
だから、最初は千切りなどで生で食べることにしても
後半は煮るか蒸すか、加熱しないと苦しいね。

ちなみにロールキャベツって、私の中では
世界で一番面倒くさいおかずと認定しています。
だって、キャベツゆでて、
お肉ゆでて
くるくるまいて
さらに煮込むという。
何工程あるの?っていう…。

暇で暇で死にそうなときに作ってみようかな(笑)

毎朝のぎゃんぎゃら教の教祖様降臨にはもう疲れた

朝、息子を起こしに寝室へ。
最近、寒くなったせいか
夏の目覚めとはもう全然違っていて
起こしにいかないとずっと寝てしまってる。
起こさずにどれだけ寝るか、ってしたことないけど。

そして起こすとスーパー機嫌激悪。

「見えなーい、もう見えない」と
目をつぶったまま叫ぶ。

トイレに行くように言うと
「わからないー」と意味不明な言葉。

お顔洗いに行こうというと
「できないー、しんどいー、おきれないー」
と床に寝そべる始末。
このあたりから、もう疲れてくる。

朝ごはん食べてても
ほんのちょっとだけ牛乳こぼしたら
「あーーこぼれたーどうしようーー」と
叫ぶ。

食事終わって歯磨きしようとすると
ぐずぐず
歯ブラシをちゃんと動かしていないことを指摘すると
「できなーい」とぐだぐだ。

制服に着替えようとして
靴下を履くときも
「かかとがおかしい」と
やけくそになって靴下をひっぱる。

そんなこんなで
朝のぎゃんぎゃら教の教祖様が
息子の体に毎日乗り移ってきます。
何とかしてください。
私はしんどいです。

ジェットコースターの面白さをわかってほしかったのに

先日、息子とダンナ様と家族3人で
遊園地へ行ってきました。

まだ身長100センチあまりの息子は
全部のアトラクションに参加できないのですが
保護者同伴ならかなりの種類に
乗れたりするくらいになってきました。
毎年訪れている遊園地。
そのことだけでも
息子の成長を感じられるんですね。

さて、そろそろ、怖いとかそういうことが
分かるほど、感情が成長しているので
一度ジェットコースターに乗せてみようと
いうことに。
ダンナ様と相談して
うまくごまかして
息子と私が隣に
ダンナ様が後ろに乗り
いざ、出発!!

5歳からひとりでも乗れる
とてもゆるーいジェットコースタだったのですが
短いので2周もするという余計なサービスっぷり。

私は息子が気になりながらもきゃーきゃーと
おたけびあげて楽しんでましたが
となりの息子は、ものすごく険しい顔をして
上目づかいで終始固まっていました。

コースターを降りたとき
顔の血の気がなくて
さすがに焦りました。
やっぱり苦手だったようです。
もう、乗せないから安心してね。
やっぱりちょっと早かったみたいです。