妊娠中だけいい奥さんになれました

なぜか悪阻が終わった瞬間から、普段ぐうたらな私が働き者になりました。悪阻の時期は本当に常に横になっていたい位辛くて、「この辛さ、いつまで続くの?ほんとに終わるの?」と夫婦喧嘩にもなるほど動けませんでした。ところが、悪阻が終わると今までできればしたくなかった家事をせっせとこなし始めました。特に料理です。
本当はあまりよくないのですが、なぜか飲み物がコーラと緑茶しか飲めなくなり、今まで洋食大好き!こってり大好き!だったのが和食好きに変貌。
夕飯も食べれりゃいいでしょ程度しか作ってなかったのに、味噌汁は必ず、メインのおかずにちょっとしたお惣菜を二品ほど、さらに気分の良い日は朝から翌日の為の煮物まで二日分作ったり。
もちろん、朝寝坊もなくなり(というか妊娠してから不眠ぽくなったので)主人より早く起きて、朝シャワー派の主人の着替えの準備。仕事の準備を仕事カバンに詰め。
主人を起こし、雨の日なんかは雨に濡れた時用に着替えまでカバンに仕込むほどに(笑)
とにかく、だんだん大きくなるお腹をかかえ、やたら主人のお世話に励みました。まだお腹の中にいて会えない我が子への母性の発散が主人に向いていたのかしら?と思うほど。
そしてなぜか、産後は完全に主人のことはしなくなりました。
産後2ヶ月なので許してもらえているのか、今のところ主人には自分のことは食事から洗濯まで自分でやってもらってます(笑)