カテゴリー別アーカイブ: 未分類

ポータブルテレビ買いました!

我が家は引っ越し前から使っている
40インチのテレビを愛用してるのですが
引越してから、
ダイニングテーブルとテレビの距離が
あって
40インチだとちょっと物足りなくて
ずっと困っていました。
音声もちょっと聞き取りにくいので
朝ドラはいつも字幕放送で
見る事にしていました。

もっとダイニングテーブルの近くに
テレビがもう一台あったらなあ。
そう思って3年(笑)

実は卓上テレビを買おうという話が
3年前にも上がっていたのだけれど
当時は10万円以上して
ちょっとぜいたくすぎる家電だったの。
それが3年経つと
5万円切ってくるよね。

よーし、買うぞ!ということで
レコーダーの買い換えの勢いで
一緒に購入。
ダイニングテーブルの上においてみると
なかなかよく見えるよ。
画像もきれい。
しかも録画もできるし
そのままお風呂にも持っていける。
どんだけ贅沢なテレビなんだよ。

もっと早く買えばよかったわ。

日によっては
メインのテレビをつけることがないくらい
このポータブルちゃんは
大活躍してくれてます。

まだお風呂デビューしてないけれど
今度息子とお風呂入らなくていい
ゆっくりとできるときに
試し見ようっと。

お金で愛は買えるのだと思う。

「お金なんかなくていいの、あなたがいれば。」
「宝石なんていらないの、あなたがまさに輝く宝石だから」
なんて、誰が言ったの?(笑)

もちろん、そういう盛り上がりって必要だけど
私は、「愛はお金で何とかなる」とそう思ってる。
正確にいうと、お金で愛が増す。
ある方がいいに決まってる。

こないだ、上沼恵美子がいいこと言ってたわ。
「指輪なんかいらないわ、ちくわでもいいの、ってねえ。
ちくわは腐る!お金で愛は育つの。」
分かる、ほんとまさにそれが言いたかったの。

お金だけで人の気持ちを変えることは
出来ないかもしれない
けれど、
お金がないと愛は育たないっていうのには
大賛成。
お金がないと生活が不安定になる。
生活の不安な中で
愛なんて育つだろうか?
生きていくことに必死になって
ぎすぎすするのがオチだ。

だから、もし結婚したいと
婚活している人にはいいたいわ。
お金で愛は育つから
だから、理想だけで恋愛したり結婚したりしてはだめ。

という自論持ってます。
おかしいかなあ。
現実的すぎるかな?

シチューつくったら、ご飯?パン?

ずっと疑問です。
シチューをつくったら
ご飯?パン?

どちらをその日の炭水化物として
提供するのが普通なの?

純日本人の私としては
シチューはおかず。そしてご飯で大丈夫。
作ってもらう側としてはそれでよかったんだけど。

実際、自分が作る側になると
栄養のバランスとか
味のバランスとか考えて
本当はパンの方がしっくりくるんではないかな
と、思い始めるようになった。

外食なら、まずシチューに
ご飯はない。

シチュー定食(笑)そんなのみたことない。

関西人は、焼そば定食やら、お好み焼き定食
といった、
粉ものとご飯の定食コンビに関して
まったく違和感がない。

どうもその流れなんだろうか?と。
何でもおかずにできるソウルが
出来上がってるのかも?

昨夜もシチューを作って
さて、付け合せ、どうしようかと
頭を悩ませ、結局ご飯とふりかけで済ましてしまった。

ふりかけはおかずか?
どうしても思いつかないのよ、シチューの付け合せ。
そして、シチューをおかずにして食べるから
余計なおかずもいらないと思ってるから
ますます作る気、ないってこと。

結論として、私はシチューにご飯を貫きます。

チューリップ、物干しざお、リステリン

もう自分自身に腹立つわ。
なんで買わないといけないものすぐに
頭から飛んでしまうの?
洗濯物干す度
歯磨きをするたび
ベランダに出るたび
あ、チューリップの球根買わなきゃ
あ、もうなくなるから買い足さなきゃ
あ、物干し竿、つなぎの部分がおかしいから短いし
早く買わないと。
って、毎日毎日思ってるのに。
いざ、ホームセンターへいって
買い忘れてるのね。
もっとひどいのは
家族に、自分から
「ホームセンターで買いたいものがあるから
ちょっと立ち寄ってね」と言ってるのだよ。
それで、結局最大目的のものを買ってないという。

こういうとき、自己嫌悪。
記憶力が鈍ってきたのかなあ。
ううん、昔の事はよく覚えてるけれど
ついさっきやったことや
新しく会う人の顔は本当に覚えられない。

一番いいのが、メモ。
自分の手で書いて覚える。
私のような団塊ジュニア世代には
この方法がどうも一番しっくりくるようです。
スマホのメモ機能も
それをつかうまでに時間かかるので
やっぱりメモ用紙と筆記用具。
バッグにいつもいれとかねば、だな。

車をぶつけられました。止まってたんですけど、何か?

休日、いい天気。
みんなで公園に行こう、ということで
ちょっと遅めになったけれど出発。
途中でお弁当買おうねって話してた時。
交差点で信号待ちしていたら
左後ろから
「めりめり」という音。
え?当たってる?

営業車が隣の右折レーンに入りたくて
無理矢理突っ込んできて、当たってしまった、という。

もうばかばかしいくらいの
衝突事故。
運転は旦那様だったんだけど。
旦那も、後ろ見て気を利かせて
ちょっとだけ前へ行ってあげれば
よかったのかもしれないけれど
停車している車にぶつけているので
100対0で相手側の過失。

警察を呼んで事故証明をとって
連絡先交換して、保険会社に電話して
まあとんでもないお出かけになってしまったよ。

その後、旦那様お怒り。
「事故起こしてきて、詫びの電話一本もよこしてこない。
100対0、電話くらい入れてくるのが常識だろ?」
うわー、怒ってる、怒ってる。
車自体たいしたことなくて、
誰も怪我しなくて、本当によかった…。

キャベツの使い切りにいつも四苦八苦。

こないだ、ママ友さん5組集まって
我が家でホームパーティーしました。

メニューは何にする?ということで
手軽な焼きそばにしてみたよ。
人数分の焼きそば玉買い出しにいってもらって
いざ、調理。

「キャベツ使い切って!」と
一人のママさんが丸ごと持参してくれました。
「キャベツって、安いから丸ごと買うけど
使い切れずに黒くなってダメになってしまうこと多々よ」
うんうん。みんなうんうん。
私もうんうん、一人だけ、
「もう、あまったらすべてくたくたに似てスープにするわ」
それもいいアイディア。

意外にキャベツはカットしなければ一見日持ちしそうだけれど
芯があるから、時間とともにえぐみがでてしまって
苦くなってしまうのね。
だから、最初は千切りなどで生で食べることにしても
後半は煮るか蒸すか、加熱しないと苦しいね。

ちなみにロールキャベツって、私の中では
世界で一番面倒くさいおかずと認定しています。
だって、キャベツゆでて、
お肉ゆでて
くるくるまいて
さらに煮込むという。
何工程あるの?っていう…。

暇で暇で死にそうなときに作ってみようかな(笑)

毎朝のぎゃんぎゃら教の教祖様降臨にはもう疲れた

朝、息子を起こしに寝室へ。
最近、寒くなったせいか
夏の目覚めとはもう全然違っていて
起こしにいかないとずっと寝てしまってる。
起こさずにどれだけ寝るか、ってしたことないけど。

そして起こすとスーパー機嫌激悪。

「見えなーい、もう見えない」と
目をつぶったまま叫ぶ。

トイレに行くように言うと
「わからないー」と意味不明な言葉。

お顔洗いに行こうというと
「できないー、しんどいー、おきれないー」
と床に寝そべる始末。
このあたりから、もう疲れてくる。

朝ごはん食べてても
ほんのちょっとだけ牛乳こぼしたら
「あーーこぼれたーどうしようーー」と
叫ぶ。

食事終わって歯磨きしようとすると
ぐずぐず
歯ブラシをちゃんと動かしていないことを指摘すると
「できなーい」とぐだぐだ。

制服に着替えようとして
靴下を履くときも
「かかとがおかしい」と
やけくそになって靴下をひっぱる。

そんなこんなで
朝のぎゃんぎゃら教の教祖様が
息子の体に毎日乗り移ってきます。
何とかしてください。
私はしんどいです。

ジェットコースターの面白さをわかってほしかったのに

先日、息子とダンナ様と家族3人で
遊園地へ行ってきました。

まだ身長100センチあまりの息子は
全部のアトラクションに参加できないのですが
保護者同伴ならかなりの種類に
乗れたりするくらいになってきました。
毎年訪れている遊園地。
そのことだけでも
息子の成長を感じられるんですね。

さて、そろそろ、怖いとかそういうことが
分かるほど、感情が成長しているので
一度ジェットコースターに乗せてみようと
いうことに。
ダンナ様と相談して
うまくごまかして
息子と私が隣に
ダンナ様が後ろに乗り
いざ、出発!!

5歳からひとりでも乗れる
とてもゆるーいジェットコースタだったのですが
短いので2周もするという余計なサービスっぷり。

私は息子が気になりながらもきゃーきゃーと
おたけびあげて楽しんでましたが
となりの息子は、ものすごく険しい顔をして
上目づかいで終始固まっていました。

コースターを降りたとき
顔の血の気がなくて
さすがに焦りました。
やっぱり苦手だったようです。
もう、乗せないから安心してね。
やっぱりちょっと早かったみたいです。